お金を借りる@初めての人も銀行や消費者金融でキャッシングする方法

お金を借りる!初めての人へ

お金を借りるのが初めての人にとって、キャッシングの世界というのはわからないことだらけでしょう。特に「今日中にでもお金が必要」という場合、精神的にも焦っているので、なかなか落ち着いてカードローン会社を選ぶという余裕がないかも知れません。

初めてお金を借りる際、どこでお金を借りるかはあなたの状況によって変わってきます。当サイトでは、あなたの状況にあわせて初めての人も安心して借りられるキャッシングをご紹介します。

お金を借りる初めての人におすすめのキャッシング比較一覧

消費者金融でお金を借りる

  • 収入がある方で少しでも早くお金を借りたい人におすすめ
 モビット 即日融資

モビット公式サイトへ

 実質年率 : 3.0%〜18.0%
 利用限度額 : 1万〜800万円
 融資 :即日融資も可能
 特徴 : 10秒で簡易審査結果を表示
  • 三井住友・三菱東京UFJに口座があれば、WEB完結申込み、しかも電話・郵送無し!
  • 全国提携ATM 約100.000台(2015年6月現在)
  • パート、アルバイトで安定した収入がある方もOK!

モビット公式サイトへ

 

  • 収入がある方で早くお金を借りたい方また少しでも無利息で借りたい人におすすめ
 プロミス 即日融資無利息サービス

プロミス公式サイトへ

 実質年率 : 4.5%〜17.8%
 利用限度額 : 1万〜500万円
 融資 : WEB契約なら即日融資可能!平日14時までに契約完了の場合
 特徴 : 審査最短30分
  • はじめての利用でメアド登録とWeb明細利用で30日間無利息のサービス
  • 三井住友銀行と提携しているので、三井住友銀行のユーザーの方には特に便利です。
  • パート、アルバイトで収入ある人もOK!

プロミス公式サイトへ

 

銀行カードローンでお金を借りる

  • 専業主婦の方や、少しでも無利息で借りたい方、早く借りたい方におすすめ
 新生銀行カードローンレイク 即日融資無利息サービス専業主婦

レイク公式サイトへ

 実質年率 : 年4.5%〜18.0%
 最大利用限度額 : 500万円
 融資 : 即日融資も可能(平日14時までのお申込みと必要書類の確認の完了で可能)
 特徴 : お申込み後、その場で審査!(審査結果を即時ご確認いただける時間:8時10分〜21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分〜19時))
  • 「5万円まで180日間無利息」と「30日間無利息」の2つの無利息ローンから選択可能!
  • 全国のコンビニなどに設置のATMでお借入れ・ご返済が手数料無料!

新生銀行カードローンレイク公式サイトへ

 

  • 専業主婦の方や少しでも金利が低いところで借りたい方、さらに早く借りたい方におすすめ
 みずほ銀行カードローン【エグゼクティブプラン】 即日融資低金利専業主婦

みずほ銀行カードローン公式サイトへ

 実質年率 : 年3.0%〜7.0%
 最大利用限度額 : 1,000万円
 融資 : 最短即日も可能(みずほ銀行口座をお持ちの方)
 特徴 : WEB完結申込みで、最短即日利用可能、(みずほ銀行口座をお持ちの方)
  • みずほ銀行の口座をお持ちでない方でも最短即日審査回答可能!
  • みずほダイレクトをご利用の方またはお手元に通帳をご用意いただける方は、ご利用限度額が200万円以下の場合、原則、書類提出はございません。

※住宅ローンのご利用で本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

みずほ銀行カードローン公式サイトへ

 

  • 金利が低いところで借りたい方、おまとめ借り替えしたい方にもおすすめ ※専業主婦は借入不可
 オリックス銀行カードローン 低金利

みずほ銀行カードローン公式サイトへ

 年利 : 年3.0%〜17.8%
 最大利用限度額 : 最高800万円
 融資 : 最短即日審査可能
 特徴 : 限度額300万以下は所得証明書不要
  • 提携ATMご利用手数料はお借入、ご返済とも終日無料。
  • 全ての提携ATMで1000円単位のお借り入れが可能。

オリックス銀行カードローン公式サイトへ

初めてお金を借りる方にもっと詳しく紹介

専業主婦の方や、キャッシングに抵抗ある人、利用しやすいキャッシングを考えるなら・・・

専業主婦の方や、初めてお金を借りるならキャッシングということで人の目が気になる人も現実おられます。そんな方は、普段使っている銀行のカードローンを利用すれば、安心してキャッシングできるのではないでしょうか。
現在は総量規制という法律によって自分の年収の3分の1までしかお金を借りることができなくなり、収入のない専業主婦のキャッシングは厳しいものとなりました。そんな中、銀行カードローンなら総量規制対象外のため、専業主婦でもお金を借りることができます。おすすめの銀行カードローンをご紹介します。

 

収入がなくてもOK!総量規制対象外でお金を借りることができるおすすめ銀行カードローン

新生銀行カードローンレイク→即日融資はもちろん、2つの無利息ローンから選択可能!

※申込の曜日、時間帯によっては翌営業日以降の取扱となる場合があります。

  • 平日14時までの、お申込みと必要書類の確認の完了→審査完了→即日利用も可能!(※審査結果により、インターネット(即日振込み)でご契約できない場合もあります)

新生銀行カードローンレイクでお金を借りる

  • 実質年率:年4.5%〜18.0%
  • 最大借入限度額500万円
  • お申込み後、その場で審査!(審査結果を即時ご確認いただける時間:8時10分〜21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分〜19時))
  • 「5万円まで180日間無利息」と「30日間無利息」の2つの無利息ローンから選択可能!
  • 全国のコンビニなどに設置のATMでお借入れ・ご返済が手数料無料!

新生銀行カードローンレイク詳細はこちら

みずほ銀行カードローン→みずほ銀行口座お持ちでWEB完結申込みなら最短即日利用も可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌営業日以降の取扱となる場合があります。

  • みずほ銀行口座お持ちの方→WEB完結申込み完了→即日利用も可能!
  • 口座をお持ちでない方の場合→申込書類の送付と返送→2〜3週間後カードローンが届く

みずほ銀行でお金を借りる

【エグゼクティブプラン】

  • 実質年率:年3.0%〜7.0%
  • 最大借入限度額1.000万円
  • 希望に合わせて口座があるキャッシュカード兼用型で借入、もしくは口座なしでも借入できるカードローン専用型か選べます。
  • 申込みの際、みずほダイレクトもしくは手元に通帳を用意できれば利用限度額が200万円以下であれば本人確認書類、収入証明書の提出は不要

※住宅ローンのご利用で本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

みずほ銀行カードローン詳細はこちら

即日融資が必要な場合、何時までに申し込みが必要かを確認する

即日借入が必要な場合はまず「当日の何時までに申し込みすれば、その日のうちに融資してもらえるか」ということを確認する必要があります。そして急いで借りる際でも、信頼できるいくつかのキャッシングを比較し、自分が借りるキャッシングの詳細を把握しておきましょう!ポイントとしては、自分の持っている口座によっては他の銀行振込よりも早くスピーディーに振込してもらえたりもするので、選ぶ際にチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

 

本日中に振込してもらえる申込み時間とキャッシング詳細

今お金を借りたいなら、時間と詳細を確認後、早く申込みした方がいい場合も

モビット→カード申込か、WEB完結申込みかで振込時間も変わってきます。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行口座お持ちの方→14:50までにWEB完結申込み完了→最短3分振込
  • 通常の銀行振込の場合→14:50までに振込手続き完了→指定の金融機関に振込
  • モビットカードで出金→ネット申込み後ローン申込機でカード発行→受取直後ATMですぐに引き出しOK

モビットでお金を借りる

  • 実質年率3.0%〜18.0%
  • 借入限度額800万円
  • 仮審査10秒(10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります)
  • 本審査時間最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • 全国の銀行やコンビニエンスストアなどの提携ATMが利用できる
  • WEB完結申込(三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座をお持ちの方)なら電話連絡なし、郵便物なし!

モビット詳細はこちら

 

プロミス→振込先によって申込み、振込時間が違う

プロミスは振り込んでもらいたい銀行によって申込み時間と振込時間も変わってきます。

  • 振込金融機関が三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合→24時間受付→受付完了から最短10秒
  • 通常の銀行振込の場合→14:50までに受付完了→受付完了から最短10秒

三井住友銀行・ジャパンネット銀行に振込なら土、日、祝日でも振込OK!
※通常の銀行振込なら、土、日、祝日のお申込みは翌営業日となります。

プロミスでお金を借りる

  • 実質年率4.5%〜17.8%
  • 借入限度額500万円
  • 審査時間最短30分
  • 借入50万円以下の場合収入証明不要
  • 30日間無利息サービスあり※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス詳細はこちら

 

午前中に審査の申し込みをすれば、どこのカードローン会社でも大丈夫

たとえばモビットの場合は14時50分までなど、貸金業者によって時間は微妙に違います。
しかし、これらの違いはそれほど重要ではありません。というのは、その日の審査の混み具合によってはこのくらいの誤差はいい意味でも悪い意味でも関係ないことが多いからです。
絶対にその日のうちにお金が必要というなら、余裕を持って行動する必要があります。そのように余裕を持つなら、午前中に申し込むということが必須です。午前中なら、アコムでもプロミスでも、どこの会社で申し込んでも、そしてあなたの銀行口座がどこであっても大丈夫、といえます。

 

実質年率については、銀行系以外ほとんどかわらない

実質年率というのは要するに金利の率のことですが、これはいわゆる消費者金融系の業者の場合、ほとんど変わりありません。
具体的にはモビットやアイフルなどですが、これらの会社は普通の借入金額だと「実質年率18.0%」程度になることがほとんどです。
これに対して銀行が提供しているキャッシングの場合、たとえばイオン銀行のカードローンBIGの場合は「実質年率14.0%」と、かなり安くなっています。
このように大幅に違うなら意味がありますが、その他はほとんど違わないのが現実です。
それでも、30日間無利息で金利が0円というサービスもありますから、初めてお金を借りるならそのような無利息キャッシングを利用するのがおすすめですよ。

 

細かい違いで考えるより、早く働いて完済する

返済の計画

キャッシングの会社をどこにするか悩んでいる方に私がいつもアドバイスするポイントのひとつに「どこでもいいので、早く借りて早く働いて、早く完済する」ということがあります。
限度額も審査の簡単さなども、大手ならどこも同じなのです。
それより、早く新しいパート・アルバイトを見つけたり、あるいは今の仕事でシフトを多めに入れたりして、たくさん稼ぎ、早く完済するということをおすすめします。
いわゆる計画的にお金を借りて返済するということが重要ということです!

 

利子の支払いのシミュレーションは、必ずしておくこと

返済が滞る人に共通しているのは、返済のシミュレーションをしていないということです。
自分が利息だけでどれだけ払うのかわかっていないから、平気でいつまでも借金を続けるのです。一回シミュレーションして、現実を直視することをおすすめします。

 

初めから大きな金額借りれるの?

とりあえず、本当に必要な金額を申し込む

大きな金額借りれるの?

初めてお金を借りる方に限らず、キャッシングを利用する場合、何らかの理由でいくらかのお金を「必ず必要」としているはずです。だったら、その金額だけは借りなければいけません。なので、その金額は希望金額として出すべきです。代わりに、それ以上を出すべきではありません。そのどうしても必要な金額が大きすぎるという場合、審査で不利になることもありますが、必要なのだから仕方ないでしょう。まずは必要な金額を申込みしてみましょう

 

審査で落ちたらどうすればいいのか?

必要な金額が大きくても、審査でそのまま落ちるということはありません。大抵の場合、もっと低い借入限度額が提示されます。「あなたのご希望の50万円では貸せませんが、30万円ならいいですよ」という風に連絡が来るわけです。とりあえず、この場合はその借入可能金額でOKして、その金額だけひとまず借りるべきでしょう。そして、足りない分は別の会社で調達したり、あるいは家族や友達などに頭を下げて借りるべきです。

 

審査で落ちても、他の金融業者なら受かることがある

審査を通らなかった場合も、必ずしも完全に問題があったとは限りません。たまたま、その時の貸金業者はギリギリで落ちた、ということもあり得ます。その場合、別のキャッシング会社で再度申込みをしたら、そちらは受かるということもあり得ます。それぞれの会社で、その経営事情によって「ギリギリの人は通す、通さない」という方針の違いもあるからです。

 

絶対アウトの人は、希望金額や会社に関わらず落ちる

これに対して、いわゆる「絶対アウト」の方もいます。年収が少なすぎる、無職である、借入残高が大きすぎる…という理由です。この場合、自分が銀行や消費者金融の側だったら確かに融資はしないですよね。このような絶対にNGという条件の方の場合、希望金額がいくらであろうと審査には通りません

 

希望金額を自分で申告しない会社もある

カードローン会社によっては、自分で希望金額を出さないというところもあります。「あなたがいくら借りられるかは、こちらで決める」ということです。その金額の範囲内で、自由に借りてくれ、ということですね。実際には希望金額を記入する貸金業者の方が多いのですが、まれにこういう場合もあります。その場合、自分が必要な金額よりも多めの借入限度額が提示されるかも知れませんが、この場合も本当に必要な金額だけを借りるようにし、くれぐれもムダなお金を借りないようにしましょう。