オリックス銀行でお金を借りる|お金を借りる@初めての方法

オリックス銀行でお金を借りる

オリックス銀行でお金を借りる


三井住友銀行やみずほ銀行等のメガバンクと比較してしまうと知名度こそ低いオリックス銀行ですが、ちかごろカードローンに力を入れている今注目したい銀行の1つなんです。

 

有名女優を起用したテレビCMを積極的に展開しているのでテレビCMをご覧になられて知っている方も多いのではないでしょうか。

 

オリックス銀行でお金を借りる詳細はこちら

オリックス銀行カードローンについて

 

オリックス銀行は、オリックスグループの傘下にあるネット銀行となります。ネット銀行ゆえに、独自の店舗やATMはありません。また、銀行なら必ずもらえる通帳もありません。そのことから、すべての手続きと融資はネット上で完結することになります。そのため実店舗に来店する面倒や手間が最初からないのは魅力となる方もいるでしょうね。オリックス銀行カードローンの利用条件は、「満20歳以上69歳未満で、国内に居住している方となり、永住権や特別永住権をもつ国内在住の外国人も利用可です。加えて、毎月継続した一定の安定収入がある事」となります。安定収入さえあれば、アルバイトやパート、自営業者でも申込可となります。が、正社員や派遣社員、契約社員といった人の方がどうやら審査に通り易いとの噂もあります。

 

オリックス銀行カードローンのメリットは?

 

オリックス銀行カードローンのメリットとしてまず指摘したいのは、「オリックス銀行に口座がなくてもカードローンに申込可」となる点です。たいていの銀行カードローンでは「同銀行に口座ある事」が申し込みの絶対条件となるので、口座開設が不要で申し込める点は面倒や手間がないメリットと言ってよいでしょう。ジャパンネット銀行に口座をもっていれば、24時間365日いつでも即時に口座にお金を振り込んでもらえますし、他の銀行口座でも平日8:40〜15:00の間に口座への振込依頼をすれば当日に振り込んでもらえます。そのことから「ネットバンキングでお金を借りる」といった人にとっては使い易い銀行カードローンとなるのではないでしょうか。さらに言えば、全国に提携している95,000台以上のATM利用の手数料が無料になることと、300万円以下の希望額なら収入証明書が原則不要で本人確認書類のみでOKとなる点もオリックス銀行カードローンのメリットとなります。

 

オリックス銀行カードローンのデメリット

 

一方、デメリットとしては、年1.7%〜17.8%といった金利なんです。一般的に銀行カードローンの金利水準は年4%台〜14%台となるので、年1.7%の最低金利は低いですが、年17.8%の最高金利は銀行カードローンとしてはかなり高めの金利となってしまいます。ちなみに最高金利が年17.8%というのは消費者金融プロミスの最高金利と同じになってしまいます。もうひとつのデメリットとしては、「即日融資が無理」なことです。オリックス銀行カードローンの公式HPや口コミ情報等では、「契約完了後、最短即日融資可能」となっているようですが、実際のところは審査だけでも2〜3日ほど時間がかかり、かつ融資までにはさらに5日程度必要になるみたいなのです。つまり、合計で1週間くらいは覚悟しておく必要があると思われます。

 

どんな人に向いているの?

 

はっきり申し上げると、これといった秀でたメリットの無いカードローンと言ってよいことから、「この人にはオリックス銀行カードローンがおススメ!」と言い切れない面があるのです。その上で、強いておススメとなる人は、ジャパンネット銀行に口座をもっている人なら、いつでも即日の振込融資が利用できるのでおススメと言えるかもしれません。融資額が最高800万円と大きいので、まとまったお金を借りる必要がある方にも向いていると思われます。しかし、それなりのまとまったお金を借りるには当然審査も厳しくなるので、その辺は覚悟しておく必要はありますよ。

お金を借りる初めての人におすすめのキャッシング一覧