低金利でお金借りるメリット、デメリット|お金を借りる@初めての方法

低金利でお金借りるメリット、デメリット

お金をどこかで借りようと思った時、どのような点を重視しますか?審査の柔軟性でしょうか。借りれる金額の大きさでしょうか。あるいは借りる安心感といったことになるのでしょうか。どのような点を重視するにしても、「金利」については誰もが気になるものとなるのではないでしょうか。

 

「低金利でお金を借りる」と言うことは「銀行で借りる」と言うこと!

 

「低金利でお金を借りる」と言うことは、つまり「銀行でお金を借りる」と同じと言ってよいと思います。なぜなら、お金を借りることができる金融機関の中で一番金利が低くなるところは銀行と言ってよいからなのです。たとえば、銀行の金利水準は年4%台〜14%台となる一方で、消費者金融だと金利水準は年4%台〜18%となることから、銀行の方が低金利となります。そのことから「低金利でお金を借りるメリットやデメリット」は、すなわち「銀行でお金を借りるメリット、デメリット」になると言うことだと思います。

 

低金利メリットはなんと言っても「返済負担の軽さ」です

低金利でお金を借りる

低金利でお金を借りる一番のメリットは、借りた後の返済負担が軽くなり、かつ総返済額も小さくなることです。たとえば、年14%で10万円を1年間借りるのと年18%で1年間借りるのとでは、年14%で借りた方がおよそ4000円も利息でお得になります。借入額がもっと大きくなったり、返済期間が長くなれば、この金利差による返済負担額や返済総額も大きくなってしまいます。

 

低金利だと大口融資を長く借りられるメリットある

 

金利が低ければ返済負担も軽くなるので、比較的大きな融資を受けてもそれほど金利が気になりません。低金利なら長く借り入れしても金利負担は増えますが、高金利よりも楽になることは確かでしょう。つまり、「低金利なら比較的まとまったお金を長い期間に亘ってじっくり借り続けられるといったメリットを享受できる」のです。まとまったお金を長く借りられれば、借りる利用目的も広くなり、長期の利用目的にも充てられるものとなります。そのことから「借りる利用目的にもかなり幅が広がる」と言ったメリットもあると考えられます。

 

デメリットは「審査の厳しさ」

 

低金利でお金が借りることができる銀行だと審査が厳しくなって借り難くなってしまうと言った点がデメリットとして考えられます。金利が低くなればなるほど審査は厳しくなると考えてよいと思います。それは「低金利でお金を貸す」と言うことは、できるだけ信用貸しリスクの低い人に融資すると言うことと同義になるからです。そのことから少しでも信用貸しリスクの低い人を探してお金を貸すので、必然的に審査は厳しくなって借りれる人は限られてしまうと言う訳なのです。

お金を借りる初めての人におすすめのキャッシング一覧