信用情報とは|お金を借りる@初めての方法

信用情報とは

カードローンでお金を借りる時の審査では、すべての申込者が各人の「信用情報」と言うものを調べられることになります。初めてカードローンを利用しようと考えている人だと、「信用情報ってなに?」「だれが自分のそのような信用情報を集めて管理しているのか?」と少し不安や心配になってしまうのではないでしょうか。

 

信用情報ってなに?

信用情報

信用情報とは、簡単に言えば、クレジットカードを利用して物品を購入したり、いろいろなカードローン契約や申込みに関するあらゆる情報のことであり、実質的な取引内容を記録した個人情報となります。そのことから現金で物品を購入した場合には信用情報に記録されることはありません。つまり、プラスチックマネーを利用した場合に記録される個人の取引内容となるのです。

そして、カードローン会社やクレジット会社は審査において必ずこのような申込者個人の信用情報にアクセスして利用状況に問題は無いかどうかを調べるのです。たぶんカードローンやクレジットカードに申し込む際の申込書の中で個人情報へのアクセスを承諾する項目があると思いますよ。そして、この項目に申込者が同意すれば金融会社は個人の信用情報を閲覧できることになると考えておいてください。

 

信用情報にはどんな事が記録されるのか?

個人の信用情報を記録している機関としては、

  • JICC(日本信用情報機関)
  • CIC

がメジャーとなり、プロミスやアコムなどの大手消費者金融でお金を借りる時にはどちらかの信用情報機関を利用して信用情報を閲覧されることになります。

 

一方、銀行の場合は

  • KSC(全銀協)

を利用して申込者の信用情報を閲覧することになります。

 

このような信用情報機関に記録される信用情報としては、

  • 氏名
  • 生年月日
  • 勤務先等の個人情報を主とした申込情報
  • 契約内容や返済状況等のクレジット情報
  • 申込先や申込情報などの利用記録

になると考えていただければよいでしょう。
これらの記録は永久に残るものではなく、「JICC」や「CIC」の場合は5年くらい、「KSC」では10年間くらい信用情報が保管されるようです。

 

信用情報はどれくらい審査に影響するのか?

さて、信用情報はお金を借りる審査の可否にどれくらい影響してしまうのでしょうか?
それに対する答えは「かなり審査の可否に影響する」と言えます。
キャッシング審査において申込者の信用情報が占める比率はかなり高いと言ってよいのです。そして、審査では申込者の「信用能力」を特に重視するので、その信用能力の裏付けが信用情報となるのです。
たとえば、信用情報において、過去に返済で問題を起こしていたり、債務整理などでブラックとして記録があると、まずどの金融機関でも審査に通してくれません。また、「利用記録」の信用情報で、短期間にたくさんの会社に申し込んでいたり、一度にたくさんの会社に申し込んでいる事実が確認された場合には、「申込みブラック」とみなされてまず審査に通してくれません。つまり、信用情報はクリーンな状態に保つことがキャッシング審査に通過するためのヒケツになると言っても過言ではないのです。

お金を借りる初めての人におすすめのキャッシング一覧