収入なしでもお金を借りれるの?|お金を借りる@初めての方法

収入がなくてもお金を借りれるの?

どこかでお金を借りる時には、借りたお金を返すことができる「返済能力の有無」が融資の条件となることに疑いはありません。それはお金を貸しても、そのお金を返せないような人に融資できないからです。では収入なしの場合、お金を借りることは不可能なのでしょうか?

 

「収入なし=返済能力なし」なので原則お金借りれない

収入がなくてもお金を借りることはできるの?

「収入なし」と言うことは、お金を借りても返済する当ての無い人と審査でみなされることで、どの金融機関でもまずお金を貸しません。なぜなら、収入なしの人は信用貸しリスクが100%の人となってしまうからです。そして、カードローン審査の中では一番審査がやさしめと言われている消費者金融であっても、収入なしの人には絶対に融資してくれませんよ!

 

カードローン審査では「返済能力の有無」を重視

 

カードローン審査では、申込者について主に2つの点を審査します。それは「信用能力」と「返済能力」になります。これら2つの審査対象において、どちらか一方でも審査基準をクリアできない場合には絶対にカードローン審査には通してくれません。
「返済能力」の審査基準については、どの金融機関のカードローンの利用条件でも「安定した収入ある事」となっています。つまり、収入なしの人は、この安定収入がないことで収入なしではお金は借りれないと言うことになります。ですので、収入なしの人がどうしてもお金を借りたいのなら、収入は少なくてもよいのでアルバイトやパートで働いてとにかく安定した収入を確保する以外に解決策はありません

 

収入なしでもお金を借りることが可能な人とは?

 

ずばり収入なしでもお金を借りることができる人はいます。それは無収入の専業主婦です。専業主婦の場合には「配偶者貸付」と言う制度を利用すればお金を借りるのは可能です。
配偶者貸付とは、配偶者、つまり夫の収入を担保にして収入のない専業主婦でも融資を受けられる制度なのです。ただし、配偶者貸付を利用するためには、配偶者の同意書、結婚している事実を証明できる住民票や戸籍抄本、配偶者の収入証明書の書類をすべて提出して、かつそれら書類内容に不備無く問題なしとみなされればOKとなります。

 

また、銀行カードローンは総量規制の対象外となるので配偶者貸付が利用できなくても、夫に安定収入があれば収入なしの専業主婦でも原則利用可能となります。ただし、夫に収入がなかったり、収入はあるけど不安定な場合には専業主婦は審査に通してくれません。

 

加えて、先の配偶者貸付に関しては、事務処理手続きなどの煩雑さを理由にして、実質的にアコムやプロミスなどの大手消費者金融では利用できないようです。

お金を借りる初めての人におすすめのキャッシング一覧