在籍確認とは|お金を借りる@初めての方法

在籍確認とは

キャッシング審査を受けると、たいていの金融会社では必ず在籍確認の審査があります。在籍確認の審査ってご存知でしょうか?在籍確認はいろいろな審査の中でも特に金融会社が重視するものとなります。そのことから他の審査条件をクリアできても、この在籍確認の審査に通らないと融資は受けられないのです。

 

在籍確認ってなに?

在籍確認ってなに?

在籍確認とは、分かり易く言えば、本人確認をする審査となります。

つまり、「申込者と利用者が同一の人物である」ことを確認する作業と考えていただければよいでしょう。そして、在籍確認の審査は自宅か職場で行われます。とは言っても、キャッシング会社の審査担当者が自宅や職場に出向いて面接を受けると言う訳ではありません。自宅や職場に確かに申込者本人がそこに在籍しているかどうかを電話で確認するものとなるのです。だからまったく心配したり不安になる必要はありません!在籍確認の電話では、簡単な質問をいくつかされます。たとえば、名前・年齢・勤務している部署名と言った簡単な質問なので、2〜3分程度で審査は終わります。キャッシング会社としても仕事中や自宅で忙しい最中に審査に応じてもらうので極力短時間で終わるように配慮しているのです。そして、在籍確認の審査は本審査の最終段階で行われる場合が多いので、もし在籍確認が取れないと最終的に審査に落とされることになります。

 

在籍確認の目的ってなに?

お金を借りる際に受けなければならない在籍確認には2つの目的があります。

  1. 申込書で申請した勤務先や自宅に確かに働いているのか、住んでいるのかを確認することで本人確認とすると同時に、申込書の内容にウソがないかを調べることなのです。もし、申込書で記載した会社や自宅に申込者本人が居なかったり、確認が取れない場合は即審査中止となり審査落ちにもなります。さらに言えば、職場で申込者の在籍確認が取れれば、それはきちんと給料を得ている事実となり返済能力がある証拠ともなるのです。
  2.  

  3. なりすましの申込みや不正行為を未然に防ぐためにも行います。キャッシングはあくまでも「申込者と利用者が同じ人」となることを前提に利用を認めます。そのことから申込者と利用者が異なる「名義貸し」などの行為は不正行為とみなして在籍確認ではこのような不正行為の防止との意味合いもあるのです。

 

在籍確認で気になる事ってなに?

多くの人が在籍確認で心配、不安になるのは「在籍確認で他の人にキャッシングしていることがばれないのか?」と言ったことなんです。そんな不安に対して結論から先に言うと、まず在籍確認でキャッシングしていることはばれません!と言うことです。なぜなら、在籍確認では申込者本人が電話口に応対するまで絶対に「○○金融の△△です。」とは言わないからです。また、電話をする時も友人や保険会社の勧誘員、あるいは取引先の社員といったように装って電話をするので、もし会社の他の人が電話に出てもキャッシング会社からの電話だとはばれません。さらに言えば、在籍確認の電話に応対した他の人が「只今○○は席を外しています。」といったような応対であった場合には、直接に本人が電話に応じなくても、「これで在籍確認は取れた」としてくれるケースもあります。

お金を借りる初めての人におすすめのキャッシング一覧