審査に落ちる人|お金を借りる@初めての方法

審査に落ちる人について

審査に落ちる人

お金を借りるためには審査を受けて、その審査にパスすることが絶対条件になります。消費者金融の審査は柔軟で、審査に通る確率も優しいと一般的に考えられています。しかし、やはり審査なので審査に落ちる人は必ずいます。むしろ、審査に通る人よりも審査落ちる人も多いと考えてもよいのです。

審査に落ちる人は審査に通らない原因があります。どのような原因が理由で審査に落ちてしまうのでしょうか。審査に落ちる人の理由について考えてみましょう。

審査落ちる理由

お金を借りるための審査に落ちてしまう人の理由は、様々と言えます。もちろん審査落ちる人には共通した傾向といったものもあります。

収入が不安定

無職無収入収入が極端に不安定な方は共通した理由として挙げられます。どの金融機関でも最低限の利用条件として「安定した収入ある事」となっているので、この条件に抵触してしまうような人は審査落ちる人となります。

 

ブラックリストとして登録されている人

信用情報機関にブラックとして名前が登録されている人は必ず審査落ちる人となりますよ。なぜなら、ブラックの人は「信用力が極端に低い人」「信用力ゼロの人」とみなされるので信用できないような人には絶対にお金を貸しません

 

申込方にも気を付けるべき

一度にたくさんのカードローンに申し込んだり、短期間に多くのカードローンに申し込んでいると審査に落ちる人となります。それは申込みブラックは多重債務者の予備軍と判断されてしまうからなのです。そのような人にはお金を貸しても返済できなくなる可能性が高いので審査に落とされるのです。

 

借金が多い人

最後の点としては、年収に比べて借金を多く抱えている人ですね。たとえば、消費者金融の場合は年収の3分の1までが融資限度額となるので、すでに3分の1以上借りている人は100%審査落ちる人となります。また、借金が多い人は「返済能力に問題あり」となるので返済できなくなると困ると思われて審査に通してくれないのです。

 

お金借りた経験ないと審査落ちるの?

もうひとつ審査落ちる人となる意外な共通点としては、「スーパーホワイト」と言うものがあります。スーパーホワイトとは、これまで一度もクレジットカードやローンカードを持った事が無い人や利用した経験の無い人のことなんです。このような人は金融会社にとって未知数の人となるので、場合によっては審査落ちる人の対象となってしまいます。一度もローンを組んだことが無い人やクレジットカードを持っていない人だと、「審査に通す為の基準」や「お金を融資してもよい基準」と言うものがまったく無いので審査に通せる取っ掛かりと言うものが無いことで審査に落とされてしまうと考えてよいのです。

 

審査落ちる人とならないための対策あるのか?

審査落ちる人とならないようにするための対処法はあります。
まずは無職無収入であれば、収入は少なくてもよいのでアルバイトやパートで安定収入を確保すればよいのです。
また、金融ブラックの人の場合は信用情報機関からブラック登録が抹消されるまで待てば、また普通にお金を借りるのは可能となります。
申込みブラックでは、申込みは1カ月以内は3社までとして、一度審査に落ちたら最低でも6か月くらいは期間を置いて申し込むようにすれば申込みブラックにはなりません
そして、借金の多い人は少しでも返済して借金を少なくすることですね。
最後のスーパーホワイトに関しては、まず審査の通り易いクレジットカードを作ることです。また、購入した商品を分割払いなどにすればスーパーホワイトではなくなりますよ。

お金を借りる初めての人におすすめのキャッシング一覧