返済できないとどうなるの?|お金を借りる@初めての方法

返済できないとどうなるの?

返済できないとどうなるの?

今日、お金を借りることはそんなに難しいことではありません。銀行や消費者金融のカードローンなら、比較的簡単な審査で即日にお金を借りることも可能です。また、年収が高くなくても、社会的地位が高くなくても、誰でもカードローンは利用できます。

このようにカードローンでのキャッシングはとても利用し易いものとなっていますが、返済については、ある意味で昔から変わらないと言ってよいでしょう。つまり、「借りたお金は必ず返済しなければならない!」ということです。「返済できないなら返済を勘弁してもらえる」と言ったことはありません。そして、もし返済できなかった場合には、必ずペナルティーが課されることとなります。

 

返済できないとカードローン利用できなくなってしまう

カードローンでキャッシングして返済が遅れたり返済できなくなると、必ずカードローン会社から返済の催促が来ます。約束した返済期日までに返済の確認が取れないと、たいていの場合はすぐ翌日にまずは携帯電話に返済を促す連絡が来ます。その際に、すぐに返済を約束すれば問題ありません。

↓そのまま放置しておくと、

自宅や職場に返済を促す電話連絡が来るようになります。

↓これについても放置しておくと、

自宅に返済督促状が届きます

↓そして、返済督促状での返済を無視すると、

カードローン利用を一時的に停止させられます。

↓これまでの返済を促す連絡がほぼ3か月以上になると、

信用情報機関に要注意人物となるブラックとして名前が登録される可能性があります。こうなるとカードローンを強制的に解約させられることとなって、すべてのカードローンの利用ができなくなります

↓そして、それでも返済しないと、

返済の取り立てがカードローン会社から保証会社へと権利が移ることで、もっと返済の催促が厳しくなります最終的には債務整理をすることとなって大きな社会的信用の失墜に繋がってしまいます

 

返済できない時はどうすればいいの?

返済が少しでも遅れたり、返済がどうしても無理な場合には、そのまま黙って放置するのが一番最悪のケースとなります。なぜなら、「返済できないのに無視している」とみなされることで、カードローン会社にとっては誠意が無く信用できない人となってしまうからです。そのことから返済できない時には、とにかくカードローン会社に返済できない旨を連絡することです。でも、きちんと連絡したからと言って返済を勘弁してもらえることは絶対にありません。しかし、連絡をすれば、そこで返済に関して今度どうするのかについていろいろなアドバイスを受けられますし、たとえば「当分は利子分だけの支払いでもOKです」といったことになる場合もあります。つまり、「返済したいのに返済できない」と言った事実をきちんとカードローン会社側に伝えることが、まず返済できない傷口を広げない対処法となるのです。
そして、きちんと連絡すれば、少なくてもすぐに信用情報機関にブラック登録されてしまうことはないと思います。

お金を借りる初めての人におすすめのキャッシング一覧