銀行でお金借りるメリット、デメリット|お金を借りる@初めての方法

銀行でお金借りるメリット、デメリット

銀行でお金を借りている人はとても多いと思います。たくさんの人が銀行で融資を受けているのは、銀行でお金を借りるメリットが多いと感じているからではないでしょうか。でも、メリット感が強い銀行ですがデメリットだってあるんです。

 

銀行でお金を借りるメリットはなんと言っても「安心感」

銀行でお金を借りる

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行といったメガバンクでお金を借りる際に、「大銀行からお金を借りてしまうと後で酷い目にあってしまうのではないか?」とすごく不安になったり心配してしまう人ってまずいないですよね。むしろ、「あ〜銀行でお金を借りることができて良かった」と安心する人の方が多いと思います。そうなんです!このお金を借りる安心感、あるいは信頼感というものが銀行でお金を借りるメリットなんですね。なぜなら、お金を借りる時には「安心してお金が借りられる」ということは精神的にとても大切になると思われるからです。

 

「金利の低さ」は銀行でお金を借りる一番のメリット

 

銀行からお金を借りているたいていの人、あるいはすべての人と言って良いくらい、銀行の金利の低さは大きなメリットを感じさせるものではないでしょうか。金利は低ければ低いほど、返済の負担が軽くなるし、返済総額も小さくなるからです。また、金利が低ければ、比較的まとまったお金を長い間借りられるといったメリットも生まれるのです。

 

「融資額の大きさ」も銀行の魅力

 

銀行は、消費者金融に比べて一般的に借りられる限度額が大きくなります。たとえば、三井住友銀行では最大融資額は800万円で、みずほ銀行ではなんと1000万円までお金を借りる事が可能です。かたや消費者金融だとプロミスなどの大手消費者金融でも最大で500万円までとなります。融資額が大きいと、「借りる利用目的にも幅が出る」といったメリットがあるのではないでしょうか。融資額が大きいことから、比較的まとまったお金を借りても収入証明書が不要で借りられます。みずほ銀行では200万円以下の借り入れなら収入証明書は不要です。つまり、本人確認書類だけでまとまったお金が借りられるといったメリットがあります。

 

銀行でお金借りるデメリットってなに?

 

銀行でお金を借りる際のデメリットとして考えられるのは、主に2点あると言ってよいでしょう。

 

1つ目は、銀行は審査が厳しめとなるのでアルバイトやパートだとやや借り難くなってしまうことです。銀行の審査通過率は、約20〜30%となりますが、消費者金融だと30%台〜50%弱といった審査通過率となります。そのことから銀行でお金を借りる際には「もしかしたら審査に通らずにお金が借りられないかもしれない」と覚悟して申し込む必要があるかもしれませんね。

 

2つ目は、銀行だと即日融資が難しくなってしまうデメリットです。銀行は審査が厳しくなるので必然的に審査に時間がかかって即日融資に回せる時間的余裕が無くなってしまう傾向があります。それゆえ、確実に即日融資を希望する場合には、銀行でお金を借りることはデメリットとなってしまうケースがあります。

 

お金を借りる初めての人におすすめのキャッシング一覧