ブラックリストのキャッシング審査|お金を借りる@初めての方法

ブラックリストに載っていても、キャッシングの審査には通る?

現在の年収と希望金額によっては、通る可能性もある

ブラックリストの融資は?

まず大前提として書くべきことは、消費者金融やカードローンの世界には、ブラックリストというものは一応存在しない、ということです。一応というのは、アコムやモビットなどの会社側で、ブラックリストなどないと公言しているからです。ただ、実際には過去に延滞などをした人は審査に落ちやすいという事実があります。これがある意味ブラックリストと言えるので、そういう意味では「実在する」といえるでしょう。都市伝説ではないということです。そして、ブラックでいる場合も、今のその人の収入や借入を希望する金額によっては、受かる場合もあります

 

収入が多くて、たくさんの借入を希望しなければ大丈夫

当然ですが、貸金業者というのは人にお金を貸して、利息を取って稼ぐ仕事です。ということは「できるだけ貸したい」わけです。なので、あなたの今の年収が多額で、希望金額もさほど多くなかったら(そして総額規制の範囲内であれば)審査を通過する可能性はかなりあるんですね。簡単ではないでしょうが、絶対落ちるということもないでしょう。

 

もし受かったら、コツコツ返済実績を積み重ねる

もし幸運にも審査に受かった場合、そのカードローン会社がアイフルかアコムかわかりませんが、どこでもいいので、そこでひたすら返済実績を積み重ねることです。そうすれば、過去の履歴がどうであろうと今のあなたが信用してもらえるので、それで限度額も徐々に増額されていきます。その信用は、その後金融業界のどこでも生きてくるでしょう(たとえばクレジットカードの審査などでも)。

 

審査で要求されるものは何か

過去に返済事故があった方の場合でも、審査で要求される必要書類などは特に変わりありません。収入証明書や身分証明証など、ごくごく一般的なものです。もちろん、それをチェックする目が厳しくなるということはあるかも知れませんが、書類自体は特に変わりありません。

 

収入が不安定な職業の場合は、審査が厳しくなるので要注意

たとえばフリーランス、芸術家、自営業の方などの場合、どうしても収入が安定していません。このような職種の方は、過去にブラックリストに入っていようといまいと、審査が厳しくなります。増して過去の履歴に問題があったら、さらに不利になる事は言うまでもありません。このあたりは、こういう職業を選んだ時点で、多くの方は覚悟していることだと思いますので、その覚悟通り、頑張って信用を獲得していただければと思います。

 

 

お金を借りる初めての人におすすめのキャッシング一覧