お金を借りる審査での注意|お金を借りる@初めての方法

お金を借りる時の審査でやってはいけない注意

年収や職業で嘘を申告することは絶対してはいけない

初めてお金を借りる人は、キャッシングの審査当日に、面接のようなものがあり、そこでの印象によって審査結果が変わると思っていることが多いようです。しかし、実際にはこのような印象というのはあまり関係ありません。一応、無人契約機でテレビ電話を通して審査を受ける場合、その時挙動不審でないかなどがチェックされます。しかし、普通のWEBでの申込みの場合は、そういう審査のしようがありません。ですから、収入、職業、現在の借入総額など、一般的な数字によって機械的に判断されるのです。
唯一やってはいけないことは、「嘘をつく」ことなのです。

 

お金を借りる審査での注意

審査で嘘をつくことは可能なのか?

実は、年収や職業については嘘をつくことが物理的には可能です。しかし絶対にやってはいけません。なぜ可能かというと、最近の貸金業者の多くは、収入証明書なしで借りられるからです。30万円までとか100万円までという条件つきですが、この範囲内であれば収入証明書を提出せずに借りられてしまいます。収入については嘘をつくことも出来なくはないのです(繰り返し言いますが、絶対にやってはいけません)。

 

職業はバレないのか?

 

職業については、基本的にバレます。というのは、大手のカードローン会社でも大抵職場への在籍確認の電話をするからです。その電話をしてほしくない場合、社員証を提出する必要があります。なので、職業や職場はどうしてもわかってしまいます(社員証を偽造しない限り)。また、こういう偽造をする人がたまにいるので、金融業者の側は偽造に対してもかなり厳しいチェックをしていますし、万が一バレた場合、法的手段に出られます。当然ですが、これも絶対にやってはいけないことです。

 

万が一嘘によって審査に落ちた場合、最悪の信用情報が残る

 

キャッシングやクレジットカードの利用履歴は、信用情報機関という組織で管理されています。あなたの過去の返済・借入の記録、特に返済トラブルなどがここで確認できるわけです。もし、審査の段階で嘘をいって落ちた場合、それもここに記録される可能性があります。その場合、これは返済トラブル以上に悪質な情報として記録されるはずです。あなたの信用情報に一生傷がつくので、絶対にやってはいけません。

 

普通に働いて稼いで、つつましく生活するのが一番

 

このように金融業者の審査についていろいろ書きましたが、基本普通に働いてお金を稼いで、それを浪費せずつつましく生活していればOKなのです。そういうごくごく基本的なことさえ守っていれば、消費者金融の審査などで一喜一憂する必要はないんですね。

お金を借りる初めての人におすすめのキャッシング一覧