総量規制について|お金を借りる@初めての方法

初めてお金を借りるなら総量規制を知っておこう!

総量規制とは、年収の3分の1まで借りられる、というルール

総量規制というのは、その人の年収の3分の1まで借りられる」という貸金業法で定められたルールです。
借りられるというとポジティブな言い方ですが、それ以上は借りられないということですので、カードローン会社側としては、それ以上貸したくても貸せない…とも言えます。

 

総額というのは、すべての会社を含めた金額

ここでいう総額というのは、一つの会社から借りている金額ではありません
たとえばあなたがアコムで20万、プロミスで30万借りていたとしたら、あなたの借入総額は50万円です。総量規制で80万まで借りていいとしたら、次にレイクで借りるとしたら、レイクで借りられるのは上限30万円です。年収の3分の1が総額ということは、総額が80万ということは、これは年収が240万円の場合です。平均よりやや低めの年収ですが、その場合80万円まで借りられる、という一つの目安にしましょう。

 

実際には総量規制をオーバーすることがある?

クレジット会社もキャッシング会社も忙しいので、すべての利用者の借入総額や年収を正確に把握できるわけではありません。
年収は去年の数字で計算されますし、クレジットカードと消費者金融では情報が共有されていない部分もある…などのことが原因で、しばしば総額が年収の3分の1をオーバーすることがあります。

 

実際にオーバーしている人の体験談、口コミ

私の知り合いで、実際に年収の3分の1を超えて借りている方がいます。
といっても別に違法なことをしたわけではなく、なぜかそうなっているのです。彼の場合、個人事業主なので年商の大部分を経費として落としています。そのため、稼ぎ自体はあるのですが、年収として税務署に申告した金額は非常に低いものになっています(何と30万円)。この場合、本来10万円までしか借りられないのですが、彼はクレジットカードで70万円借りています。こういう例外的なケースも実はあります。

 

収入証明書不要で借りられるケースも多い

収入証明書不要

総量規制があるということは、本来年収を証明するのが普通なのですが、最近の金融業者では、収入証明書不要で貸出OKというところが結構あります。それも即日振込みOKです。審査も当日できます。というように、システムの進化によって昔よりもだいぶ便利になっているのですが、少額の…10万円から30万円程度の融資であれば、収入証明書なしでも借りられることが多い、というのは初めてお金を借りる時にも意識しておいてください。

お金を借りる初めての人におすすめのキャッシング一覧